夏季休暇のお知らせ >>>

暑い夏のお弁当でも安心な「傷みにくいおかず」をご紹介

Blog

暑い季節が到来すると、食材やお料理の保存管理が心配になりますよね。

特に、家族に持たせるお弁当の衛生面、安全面が気になるというママも多いはず。

そこで今回は、暑い夏のお弁当でも安心な「傷みにくいおかず」をご紹介していきます。

まず最初にご紹介するのは、おかずとしても人気の高い「唐揚げ」です。

唐揚げ弁当

傷みにくくするポイントは、高温調理で中までしっかりと火を通すこと、少しだけ濃いめの味つけにすることの2つです。

特に夏場はよく汗をかくため、塩分補給もできて一石二鳥! 揚げ物は基本的にしっかりと加熱されるので、エビフライや天ぷらなどもおすすめです。

揚げ物のおかずを作る際は、水分の少ない具材を選ぶようにしましょう。

次にご紹介するのは「汁気の少ない金平」です。

金平弁当

汁気の多い煮物などはどうしても傷みやすくなってしまうため、水分が少ない和風おかずとしては金平がおすすめです。

ピリッと辛い唐辛子をアクセントにすることで、食欲増進効果も期待でき、夏バテ解消にはぴったりのメニューです。

最後にご紹介するのはおかずではなく、「傷みにくい味付け」についてです。お酢、わさび、梅干し、生姜などを使った味付けは、抗菌作用が強くなるため菌の増殖を抑える効果が期待できます。

生の野菜は水分が多いため夏場のお弁当には不向きですが、こうした味付けのピクルスやマリネにすることで、お弁当のおかずとして使うことができますよ。

こうしたメニューはさっぱりとした味わいを楽しめるため、食欲が落ち込みがちな夏場には良いですね。

しかしお弁当に詰める際には、汁気をよく切ることが大前提になります。

傷みにくいおかずをご紹介しましたが、夏場にお弁当を作る際には、より傷みにくい状態にするための工夫が必要です。

気を付けるポイント

最低限気をつけるポイントは。

  • 手でおかずを詰めないこと
  • 中までしっかりと加熱すること
  • ご飯やおかずは冷ましてから詰めること
  • 保冷剤を入れておくこと  の以上4点です。

また、食べる直前に加熱をするとなお良しです。 これらのポイントやご紹介したおかずをチェックして、夏場のお弁当ライフを安心安全に楽しんでいきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

過去のブログはこちら → http://blog.livedoor.jp/safety_house/
Instagram:https://www.instagram.com/safetyhouse_j/
Facebook:https://www.facebook.com/safetyhouse.renovation/

●株式会社セーフティーハウス
TEL 044-870-1170
FAX 044-870-1172

川崎市高津区梶ヶ谷2-1-2

営業時間 9:00~17:00(日・祝休み)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Blog
safety-houseをフォローする
株式会社セーフティーハウス

コメント