実りの秋 美味しいものが待ち遠しい… >>>

一軒家を長持ちさせよう!

Blog

今日も朝から暑いですね。
最近、「屋根・外壁を見てほしい」とのご依頼がよくきます。
同じ時期に建てられている戸建てのご近所さんが屋根・外壁塗装工事をされていると気になりますよね。
屋根・外壁は自分では確認しにくい場所。見えない場所だからついトラブルが起きてから
「どうしよう…」なんてことも多いです💦
「普段の雨では大丈夫だけど、台風のような雨だと雨漏りがある」とのご相談もありますが、
そうなると原因を見つけるまでには長期戦の覚悟です!

屋根や外壁は塗装工事をしてから約10年が目安と言われています。

ただこれは環境条件にとても左右されます。雨・風による経年劣化が原因なので条件によって
とても差があるのです。以下の症状が確認出来たら即調査をお勧めします。

【外壁】
・ひび割れが見られる。
・チョーキングが見られる(触ると手に塗装が付いてしまう)。
・外壁に剥がれているところがある。
・目地の亀裂(コーキング処理)が見られる。

【屋根】
・屋根が割れている。
・金属部分の腐食が見られる。
・屋根の色あせが目立つ。
・雨漏りがする

こちらの症状は表面の防水機能が低下しておこる現象です。
また、コケやカビなどの汚れが目立つ時も美観も損なってしまうだけでなく、
防水機能を低下させてしまう原因となります。
早めに高圧洗浄をして汚れを落とすことをお勧めします。

屋根・外壁塗装工事期間は約2週間ほど。ただお天気にとても左右される工事です。
お天気が安定する季節が向いているでしょう。
これからのシーズンがピッタリですね!

コメント