実りの秋 美味しいものが待ち遠しい… >>>

大工のつぶやき(胸にある言葉)

Blog

昨日の寒さから一転、今日はさわやかなお天気ですね。
暑さと寒さを繰り返し、夏の過ぎるさみしさと秋の深まりを感じます。

今日の「大工のつぶやき」は弊社、大工が大工を続けている中で心に刻んでいるもの、です。

「最後の宮大工 西岡常吉」。古くから法隆寺に使える宮大工の家に生まれた西岡常吉は、
祖父の考えにより農学校に進学します。

なんで、農学校?

大工は木の事を知るためには、土を知らなくてはならない。どのような土で育ったかを知ることが木を知ることになる。

大工はただ造作するだけではなく、そのその素材の性質を知ることでより良いものが作られる。

若いころに親方にかけられた言葉…

「大工」とは「大いに工夫する」ということ

モノづくりの難しさと楽しさ、大工さんはやりがいのある仕事です。

Blog
safety-houseをフォローする
株式会社セーフティーハウス

コメント